どS美容師のブログ ホーム » 場末のパーマ屋の毛髪理論 »縮毛矯正剤の考察 矛盾

縮毛矯正剤の考察 矛盾  

ちょっと前から 考えていってる

縮毛矯正剤の考え方・・・



このカテゴリーの毛髪理論とは ちょっと離れるんだが


縮毛矯正は とくに 失敗しやすい技術



じっくりと 考えていきたい。。






んで ちょい 難しいんだが

やはり 場末のぢ〜ぢの思考の 元である


この ちょっぴり おかしい 親父のブログ記事を


もう一回 読んでみてくれ



高還元剤 低アルカリ の縮毛矯正剤














DO−Sシャンプー&トリートメントは

使い方をしっかりと理解して使用してください♪

とりあえずこの記事やリンク先は必読です!



美容師が口コミですすめるシャンプー 

どS美容師 謹製
DO-Sシャンプー&トリートメント









現場の理美容師さんに相談して使うのも手です(笑)



全国DO-Sシャンプー&トリートメント取扱いサロン



そこらへんの常識で使用しても

なんじゃ そりゃ! になっちまいます(爆)












今日も きぃたんをクリックお願いします(必須条件)


0002_20121230091350.jpg
にほんブログ村 美容室 サロン








今日の 理美容師ブログ記事の さらし者たち



Do-sシャンプー・トリートメントって

髪の毛を すっぴんにしてからの パーマ。

どSじゃなきゃ 嫌なのww












前回の記事



縮毛矯正剤の再考察 バランス






アルカリが高いものほど 還元剤も働き

薬剤パワーが 強くなる!






これを 理解したよね。。




んじゃ 今回は ちょっと 視点を変えて・・・




縮毛矯正の 1剤を 作るって事で 思考してみよう。。



まず 縮毛矯正剤の 1剤ってのは 何で出来ているのか?






還元剤

代表的なものでは チオグリコール酸アンモニウム





アルカリ剤

モノエタノールアミンなどが 一般的








あとは 防腐剤や乳化剤 増粘剤 活性剤


これに 手触り向上成分などが 加わる。。








んでだ まず 代表的な 

チオグリコール酸アンモニウム (ATG)





パーマ液や 縮毛矯正剤に使用されるのは

たいがい チオ50 とよばれる


チオグリコール酸 と アンモニア水が 1:1のものなんだ。。


こいつのphは ほぼ中性。 ph 6.8 前後かな・・・




んで これらを phで考えると




チオグリコール酸 が ph 1.5 程度


アンモニア水 が ph 11.7 程度





そ チオグリコール酸 って かなり 酸性 なのだ。。








んで この溶剤を パーマや縮毛矯正剤として使用するのは


髪の毛の 側鎖を切る目的なんだが


酸性や中性では この チオグリコール酸は ほとんど働いてくれない。



アルカリ性じゃないと 仕事をしてくれないのだ。。






そこで

モノエタノールアミン などの アルカリ剤で phを上げて行くんだ。








※ちょっと豆知識

昔は ここでも アンモニア水をよく使用していた

だから昔のパーマ液は 非常に臭かった(笑)

いまは モノエタノールアミンなどなんであまり臭くない

これがメリットなんだが

もう一つ アンモニアは揮発するんだな

これが 残留しないってメリットでもあるんだが

縮毛矯正などになると 放置時間も長く

揮発すると phが酸性側になって 還元能力が落ちてしまう。

これは デメリットでもあるんだ。。







ちなみに 薬事法の 医薬部外品登録では



コールド2浴式 パーマ1剤


還元剤濃度 チオ換算 2〜11% システィン1.5%以下

ph 4.5〜9.6

アルカリ度 7ml以下


チオグリコール酸が7%を超える場合は、
超えた分量と同量以上のジチオグリコール酸を配合しなければならない




これ じつは パーマ液も 縮毛矯正剤も同じ

縮毛矯正剤には 粘度 40000以下 ってのも あったかな?





もともと 昔は 縮毛矯正など 無かった

そのころの 基準で作られているんだ。





パーマと同じレベルの 還元力では 実際問題 難しい。。



強いクセなど 伸ばすのは 困難!





んでだ

どうするかと 言うと

放置タイムを 長くしたり

コールド2浴式なのに 加温・加湿をしたり



アルカリを強くしたり するんだ。





クセ毛を伸ばすには 還元剤が少ないのに

無理矢理 強くするには




チオグリコール酸の 働きを強めるために

アルカリ剤を増やして phを上げる!



もっと 還元させる為には アリカリを 強くするしかない!







すると アルカリ剤は イオン結合も切るし


なんといっても


髪が 膨潤していっちまう!!!









軟化テストして テロンとしてて

もうこれ以上は やばい!!!



んで 流して アイロン 酸化


仕上げたら


クセが伸びてなかった。。。









アルカリで 軟化だけしても

実は 還元不足って 事もおこる可能性もあるし・・・




経験ないか???






還元はしっかりしないと クセは伸びない。。





でも アルカリが強すぎると 髪の毛溶けちゃう

過軟化 過膨潤 で ハイダメージ毛に変身!





笑えない・・・




過膨潤 過軟化 を防ぐには アルカリを抑えたい


でも 

還元不足にならないようにするには

アルカリは強くしないと・・・





ここに


矛盾 が 生まれていくのです。。。












続く・・・




読みたければ

クリックするしか ありません(笑)



にほんブログ村 美容室 サロン



関連記事

category: 場末のパーマ屋の毛髪理論

thread: 美容室 ヘアサロン

janre: ファッション・ブランド




当ブログはコチラに引越ししました!
↓ ↓

場末のパーマ屋の美容師日記




DO-Sシリーズの悪質なネット販売に注意!!!

DO-Sシャンプー等のヘアケア商品の
インターネット通販での購入はコチラから


bana0098
場末のパーマ屋の商品購入について


場末のパーマ屋 ブログ記事 検索フォーム

↑読みたい過去記事があれば 検索してください♩
7記事づつ 過去記事が表示されます。


クリックを宜しくお願いします♪


人気ブログランキングへ



ココから始まる DO-S的ヘアー理論♪

ヘアダメージでお悩みの方へ美容師のヘアケア法

すっぴん髪で 目指せ美髪!

DO-S ヘアケアシリーズ

DO-S ヘアケア

楽天市場でDO-Sシャンプーを購入する方へ

Amazon(アマゾン)でDO-Sシャンプーを購入する

DO-Sシャンプー&トリートメントが買える全国の理・美容室


tb: 0   cm: 1

トラックバック

トラックバックURL
→http://clickhair.blog69.fc2.com/tb.php/1451-a4acd011
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

場末のB級パーマ屋

カレンダー

カテゴリ

検索フォーム

facebook

どSのつぶやき

最新コメント

アクセスランキング

▲ Pagetop