どS美容師のブログ ホーム » 辛口の美容ウンチク »GMTなどの酸化剤について

GMTなどの酸化剤について  

全国のDO-Sシャンプー&トリートメント販売の理・美容室



DO-Sシャンプー&トリートメント取扱いサロン



DO−S商品を購入される方は必読です♩


場末のパーマ屋の商品購入について

DO-Sシャンプー&トリートメント






一日一回 ランキングのクリックは 宜しくお願いします♩


にほんブログ村 美容室、サロン












今日の晒しもの 理美容師ブログ記事



酸性チオでストライクゾーンが広がる。

すっぴん髪だから、すごいツヤツヤ!!クリープL5&しるかで、矯正日和~







今日の読者さんからの質問ね

・・・・・・・・・・

GMTなどの酸化剤について

いつもお世話になっております。
DOSを使い始めて3ヶ月になります。お客さんの反応はいいし、
何より色んな毛質・状態の髪でも結果がでるので
驚きと感動があって、仕事が楽しくなりました!


今回ストデジやデジパをするのにGMTを
導入しようと思ってるのですが、
ブログでは2液は過水で3〜4.5%がいいと拝見しました。
DOSオキシ活性液?DOS式オキシ1.5酸化法?

限定記事なども拝見しましたが…
最終どの記事にいけばいいのかわかりませんでした!)

今はdos6%のオキシは販売されてないと思うのですが、
クリームタイプはカラーオキシで対応?、
液体のタイプはDOSの1.5%にカラーのオキシでつくっても問題ないですか??

まだ酸性矯正はできないので、ストデジをする時、
根元部分は低アルカリ高還元、毛先はGMTの酸性デジ
(またはSC7やSC8)など考えてます。
軟化・還元時間の問題もあると思いますが、
2液する時に気をつけることなどあればご教授下さい!

・・・・・・・・・・




ほいほい




酸性デジタルパーマ や 酸性ストデジね


ま 酸性矯正のときに ぢ〜ぢも随分と研究したんだが

やはり 高濃度すぎる 過酸化水素水は 使わないほうが良い!


っちゅ〜〜〜 判断になったんよ。。。



いくら 1剤が酸性 酸性っていっても 

過酸化水素水の濃度が 高けりゃ 痛むでしょ(笑)





これが 場末のぢ〜ぢの決断♪



んでな とくにコイツは スピエラでのお話。。
GMTは かなりマシなほう。。。





んでね


現在 場末のぢ〜ぢは


GMTはあくまで 添加還元剤的使用法にしてる。






デジタルパーマやエアウェーブで 既縮毛矯正部に

どうしても パーマしたいときとか


かなりな ハイダメージ毛に

どうしても ウェーブ出したいときとか



どうしても!!!


このときだけね。。。



しかも クリープL7 だけじゃ かかりが悪いときに

5% ほど 添加するだけ(笑)



クリーム系なら SC−7 とか SC−8

ま 20:1 が基準だよ。。




んで この 添加剤的使用法なら

オキシ濃度を そこまで上げないでも


しっかりと多めの塗布 と ちょい時間長め


こいつで 十分に対応できると思うよ♪





やってみて!!!

関連記事

category: 辛口の美容ウンチク

thread: 美容室 ヘアサロン

janre: ファッション・ブランド




当ブログはコチラに引越ししました!
↓ ↓

場末のパーマ屋の美容師日記




DO-Sシリーズの悪質なネット販売に注意!!!

DO-Sシャンプー等のヘアケア商品の
インターネット通販での購入はコチラから


bana0098
場末のパーマ屋の商品購入について


場末のパーマ屋 ブログ記事 検索フォーム

↑読みたい過去記事があれば 検索してください♩
7記事づつ 過去記事が表示されます。


クリックを宜しくお願いします♪


人気ブログランキングへ



ココから始まる DO-S的ヘアー理論♪

ヘアダメージでお悩みの方へ美容師のヘアケア法

すっぴん髪で 目指せ美髪!

DO-S ヘアケアシリーズ

DO-S ヘアケア

楽天市場でDO-Sシャンプーを購入する方へ

Amazon(アマゾン)でDO-Sシャンプーを購入する

DO-Sシャンプー&トリートメントが買える全国の理・美容室


tb: 0   cm: 0

トラックバック

トラックバックURL
→http://clickhair.blog69.fc2.com/tb.php/2554-674f6e88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

場末のB級パーマ屋

カレンダー

カテゴリ

検索フォーム

facebook

どSのつぶやき

最新コメント

アクセスランキング

▲ Pagetop